top of page
  • human-life9

先見性のある介護ビジネス

2000年代に介護保険制度が導入されて以降、有象無象の介護ビジネス・事業が誕生しては廃れてきた。

民間も参入してきてからというもの、この界隈のビジネスモデルとしては、賛否両論あるだろう。


不正請求問題を始めとして、ほぼ毎週のように事件も紙面を賑わせている。

福祉を喰い物にするなという意見があるのもわかるが、そこに需要と供給の関係性が成立するならば、それもよしとするのが社会の流れだ。


資本主義社会の中で、自由競争の枠組みの中で、社会的階級にもしばられず、ビジネスに邁進できるのも、ある種とても幸せだ。

他国のように、一党独裁政治であれば、気軽に一般人が言動することも許されない。

日本に生まれた以上は、努力すれば、一定の平等の条件で社会的成功をおさめることが、許されているのだ。いわば、生まれながらにして宝くじを引いて大金が当たったのと同じだ。


だからこそ、自身の境遇に感謝し、公正にビジネスを展開し、経済をまわし、社会に貢献できる姿勢や道徳観念が求められる。特に介護のような、無形のサービスを売り物にするなら、尚更だ。


英語でビジネス(business)とは、忙しいという意味のビジー(busy)から派生した言葉という説がある。


漢字で忙しいとは、(心)を(亡くす)と書くが

本質を見失わないようにせねばならない。


介護業界も、ICT可が進み、今後も形を変えて、様々なビジネスモデルが登場することだろう。

新しいことに手を出すのは結構なことだが、

いつの時代も、どの業界も、ビジネスには本質が大事。忙しい時こそ、ふと立ち止まって、空を見上げて、自身の立ち位置・行動軸ににブレはないか確認することが大切だ。


過去にはもう、もどることはできないが、事業の先の未来を見通すためには、いまの自分がなぜ、このビジネスにワクワクして着手をし始めたのか、原点を再確認することも大切ではなかろうか。

最新記事

外国人介護士導入の賛否両論

グローバリズム全盛の現在、京都も外国人観光客が増えた。観光客だけでなく、たとえば飲食店などサービス業の店員が、外国人であることにも、 見慣れてきた。 たどたどしい日本語で接客し、時々、こちらの話す日本語も通じない時もあるが、逆に日本人の店員より丁寧な時もある。 これは、国籍如何にかかわらず、仕事や業務においては、個人の資質も問われるということだ。 サービス業などでは、大体マニュアル化されており、業

時間との闘い

時間の使い方で、人生は決まるとよく言われる。 時間は有限であり、人は生まれながらに、与えられた時間枠のなかで、できることをしなくてはならない。 仕事もおなじで、1日8時間労働とすれば、そのなかで業務を効率よくこなすことが求められる。 ダラダラと残業していては、かえって効率も悪くなりがちだ。 ちなみに、労働基準法としては、1週間に40時間労働が適切とされているが、これは、人間の生理学的に、健康を維持

介護者のフィジカルメンテナンスその2

介護者が直面する問題として、支援の内容と同様に、自身の身体のメンテナンスが挙げられる。 腰痛をはじめとする、故障や怪我はつきものでもある。 若い頃は、身体の酷使にも耐えられるだけの体力や持久力もあり、蓄積しているダメージも少ないであろう。多少の無理はきくイメージだ。 ところが、業務を重ね、年を重ねるにつれ、体力の低下やダメージの自覚の頻度は、顕著になっていく。 意識上は取り繕っていても、自身の身体

Comments


bottom of page