top of page
  • human-life9

電動車椅子と自由と幸せ

京都市内でも、電動車椅子の数が増えたように感じる。カラフルな個人の車椅子が、人混みの喧騒に混じって行き来するのをよく目にする。


地下鉄やバスなどの交通機関も、円滑に利用できているようだ。

ただ、気になるのは道が意外と整備されていない箇所が多く、時々車椅子利用者が慎重になっている場面も見かける。


たとえば、横断歩道の真ん中あたりがひび割れていたり、狭い道が、極端に横に傾いていたりする。


勿論、障がい者中心にすべて作るわけにはいかないし、市の予算も限られている。限られた制約の中で、生活を送る必要があるのは、皆同じだ。


何気ない街なかの風景も、障がい者目線に立ってみると、違った見え方になる。昔みたいな手押しの車椅子ならしんどかっただろう。人の目線も気になる。


社会が進化するにつれ、障がい者やLGBTへの理解が深まり、不当な差別や偏見は、減ってきたかのように見える。

同様に、テクノロジーの進化に伴い、外出移動の自由へのハードルも低くなりつつある。


しかし、何かモヤモヤ感は残らないだろうか。社会やメディアも、両手を挙げて、「昔と比べて今の世界は良くなった」というお祭りムードになっていない。


いまだ、世界では戦争が絶えないし、景気の先行きも不透明だ。政治も何がしたいのか、よく分からない。福祉も、介護報酬は上がらないし、人材もいない。


いわば、こういうゴールが達成できたら幸せといった、明確な着地点がないのだ。だからつい、ネガティブな部分に目を向きがちになる。

理想とする幸福感というのは、幻想にすぎないのかもしれない。


だからこそ、自由に車椅子で外出できるということ、それは障がい者目線で見たら、至高の幸福かもしれない。


幸福には、道と同じく傾斜や欠陥がともなうこともあるだろう、しかしながら、それを体験できることも、一つの幸せだ。


漢字の「辛い」に、横棒を一本足してみよう。たった一本のエッセンスで、「幸せ」につながるのだ。

最新記事

外国人介護士導入の賛否両論

グローバリズム全盛の現在、京都も外国人観光客が増えた。観光客だけでなく、たとえば飲食店などサービス業の店員が、外国人であることにも、 見慣れてきた。 たどたどしい日本語で接客し、時々、こちらの話す日本語も通じない時もあるが、逆に日本人の店員より丁寧な時もある。 これは、国籍如何にかかわらず、仕事や業務においては、個人の資質も問われるということだ。 サービス業などでは、大体マニュアル化されており、業

時間との闘い

時間の使い方で、人生は決まるとよく言われる。 時間は有限であり、人は生まれながらに、与えられた時間枠のなかで、できることをしなくてはならない。 仕事もおなじで、1日8時間労働とすれば、そのなかで業務を効率よくこなすことが求められる。 ダラダラと残業していては、かえって効率も悪くなりがちだ。 ちなみに、労働基準法としては、1週間に40時間労働が適切とされているが、これは、人間の生理学的に、健康を維持

介護者のフィジカルメンテナンスその2

介護者が直面する問題として、支援の内容と同様に、自身の身体のメンテナンスが挙げられる。 腰痛をはじめとする、故障や怪我はつきものでもある。 若い頃は、身体の酷使にも耐えられるだけの体力や持久力もあり、蓄積しているダメージも少ないであろう。多少の無理はきくイメージだ。 ところが、業務を重ね、年を重ねるにつれ、体力の低下やダメージの自覚の頻度は、顕著になっていく。 意識上は取り繕っていても、自身の身体

Comments


bottom of page