top of page
  • human-life9

障がい児童支援とチャレンジ精神

最近、漫画のキャラクター「ちいかわ」が子供に人気だ。デパートのキャラクターグッズ売り場では、親子連れをよく見かける。

この漫画は、ネコの姿を彷彿とさせる泣き虫の主人公が、仲間とかかわりながら、独自の世界で生きていく話だ。キャラの可愛さ以上に、大人社会への風刺・啓蒙・哲学思想などが、実はストーリーに巧みに組み込まれている。


障がい児童の支援は、高齢者介護等より難易度が高いとはよく聞く。教育・保育だけでも難しいのに、更に福祉支援活動も加えると、関わり方に悩む。


関わって感じるのは、大人になってからだと、なぜかノスタルジックに子供時代を懐かしんでしまうことが多くなる。


当時、家族や友達と過ごした時間、場所、すべてが懐かしい。そして、すべて、二度と追体験できない、二度とあの時間は戻ってこないのだ。この世界が、いつまでも続けばいいのに、とは誰もが思ったことがあるのではないか。


児童にとっては、経験が不足しており、まだまだ自分でできることは限られている。しかし、限られた能力のなかで、精一杯できることをするのは、だれでもできる。


英語で、障がい者はかつて、disable people (不具合のある)と表記されたことがあったが、現在はchallenging people となっており、良い言葉だと感じる。


児童の世界は経験不足から厳しいこと、わからないことも多いが、限りないチャレンジができる選択肢があるのだ。周りの大人たちの適した支援で自立を近づけ、良い方向に向けることもできる。


「ちいかわ」の世界の主人公は、泣きながらでも勇気を出して行動し、成長していく。友達を守るため怪物にも立ち向かうし、友達に勇気づけられて、初めてラーメン屋で外食することにも挑戦する。


大人になってから、忘れかけていた大切な何かを思い出させてくれる。シンプルなのだが、深い。シンプルだからこそ、子供にも受ける。


本当の意味で自立した大人になるとは、年齢を蓄積させるのではなく、チャレンジを決意したその瞬間なのかもしれない。


時間というのは、巻き戻すことはできない。ただ

、誰かのためにチャレンジできる時間をいっしょに創造していくこと、福祉支援のできることはそれかもしれない。

最新記事

外国人介護士導入の賛否両論

グローバリズム全盛の現在、京都も外国人観光客が増えた。観光客だけでなく、たとえば飲食店などサービス業の店員が、外国人であることにも、 見慣れてきた。 たどたどしい日本語で接客し、時々、こちらの話す日本語も通じない時もあるが、逆に日本人の店員より丁寧な時もある。 これは、国籍如何にかかわらず、仕事や業務においては、個人の資質も問われるということだ。 サービス業などでは、大体マニュアル化されており、業

時間との闘い

時間の使い方で、人生は決まるとよく言われる。 時間は有限であり、人は生まれながらに、与えられた時間枠のなかで、できることをしなくてはならない。 仕事もおなじで、1日8時間労働とすれば、そのなかで業務を効率よくこなすことが求められる。 ダラダラと残業していては、かえって効率も悪くなりがちだ。 ちなみに、労働基準法としては、1週間に40時間労働が適切とされているが、これは、人間の生理学的に、健康を維持

介護者のフィジカルメンテナンスその2

介護者が直面する問題として、支援の内容と同様に、自身の身体のメンテナンスが挙げられる。 腰痛をはじめとする、故障や怪我はつきものでもある。 若い頃は、身体の酷使にも耐えられるだけの体力や持久力もあり、蓄積しているダメージも少ないであろう。多少の無理はきくイメージだ。 ところが、業務を重ね、年を重ねるにつれ、体力の低下やダメージの自覚の頻度は、顕著になっていく。 意識上は取り繕っていても、自身の身体

Comments


bottom of page