top of page
  • human-life9

自然災害と人の業

元旦から能登で地震が起こった。

まず、心に浮かんだのは、もしこれが京都だったらどうするかだ。津波の心配はないかもしれない。


ただ、家屋は古いものが多く、どれだけ揺れに耐えきれるかは疑問だ。耐震強度基準を満たしていたとしても、崩れるものは崩れるのではないか。そもそも、想定外のことが立て続けに起こるのが、自然災害の恐ろしさだ。


京都は住宅が密集しており、火災も心配だ。火や煙の広がりは迅速であり、こちらも脅威である。

地元に消防団はあるだろうが、しっかり機能できるかも、まだ大きな実例があまりないので分からない。


そして、何より怖いのが、人そのものである。

今回の能登の地震でも、ボランティアを装った火事場泥棒が発生したと、ニュースを賑わせている。

人の不幸に便乗した犯罪行為が特に多発しそうなのが懸念だ。


被災者自身も、メンタルが不調となり、加害者側にまわってしまうかもしれない。


こんな時、犠牲になるのは、高齢者・障がい者・女性・子供・ペットである。

政府としても、色々対策はしているだろうが、

被害者は泣き寝入りすることもあり、細かい部分まで気配りが行き届くかは疑問だ。


自然災害だけではなく、戦争も心配な世の中になりつつある。戦争でも、いつも犠牲になるのは弱者からだ。果たして、未曾有の事態に的確に行動できる者はどれくらい存在するのかはわからない。


人としての業は、非常時に弱者に対する態度で決まると思う。動物の世界は、弱者は生き残れず、文字どおり弱肉強食だ。


人間には、動物にはない正義感や倫理感、情が備わっているのは神の贈り物だろうか。

だが、正義なき力は無であるが、力なき正義も無であることは否めない。


自分の眼に届く範囲で良い。人の業を次の世代に繋ぐためにも、優しい地域社会の実現のためにも、真摯な、弱者をいたわる心を大切に。


リレーするのはバケツのみならず、こうした魂のバトンを繋いでいくべきである。

最新記事

外国人介護士導入の賛否両論

グローバリズム全盛の現在、京都も外国人観光客が増えた。観光客だけでなく、たとえば飲食店などサービス業の店員が、外国人であることにも、 見慣れてきた。 たどたどしい日本語で接客し、時々、こちらの話す日本語も通じない時もあるが、逆に日本人の店員より丁寧な時もある。 これは、国籍如何にかかわらず、仕事や業務においては、個人の資質も問われるということだ。 サービス業などでは、大体マニュアル化されており、業

時間との闘い

時間の使い方で、人生は決まるとよく言われる。 時間は有限であり、人は生まれながらに、与えられた時間枠のなかで、できることをしなくてはならない。 仕事もおなじで、1日8時間労働とすれば、そのなかで業務を効率よくこなすことが求められる。 ダラダラと残業していては、かえって効率も悪くなりがちだ。 ちなみに、労働基準法としては、1週間に40時間労働が適切とされているが、これは、人間の生理学的に、健康を維持

介護者のフィジカルメンテナンスその2

介護者が直面する問題として、支援の内容と同様に、自身の身体のメンテナンスが挙げられる。 腰痛をはじめとする、故障や怪我はつきものでもある。 若い頃は、身体の酷使にも耐えられるだけの体力や持久力もあり、蓄積しているダメージも少ないであろう。多少の無理はきくイメージだ。 ところが、業務を重ね、年を重ねるにつれ、体力の低下やダメージの自覚の頻度は、顕著になっていく。 意識上は取り繕っていても、自身の身体

Comments


bottom of page