top of page
  • human-life9

経営理念の大切さ

介護事業に限らずだが、企業を経営・継続するにあたっては、特に重要な概念がある。


たとえば、パナソニックグループの松下幸之助氏は、企業はモノづくりだけでなく、ヒトも造っていくことの重要性について述べていた。


そして経営基盤を支えるにあたって、人の大切さは言わずもがななのだが、意外と見落とされがちなのが、

経営理念などの概念である。


弊社は、やさしい社会・快適な生活・人間の尊厳といった理念を掲げており、朝礼でも使用している。


ただ、その理念に沿って果たして事業を継続できているかは、疑問だ。やはり人間だから、惰性で業務をこなしてしまいがちになる。

常に経営理念が実行できているか、日々自省せねばならないのだが、忙しくなるとそうも言ってられなくなるのだ。


言葉には魂がこもっており、企業理念には、企業がどうあるべきか、魂のビジョンを反映させねばならない。


いくら売り上げが上げられていても、ここにズレが生じると、いつかは反動が来る。昨今の企業の不祥事も、それを如実に示している。


言ってしまえば、理念はただの言葉かもしれない。

しかしながら、それを行動に移し、願望を実現してきたからこそ、今があるのだ。


何かを成し遂げようと思ったら、言葉に出すこと。笑われても良い。大言壮語なホラでもよい。

また、矛盾するようだが、人によっては、言葉にも出さなくても良い。


理念や大志を抱いた言葉は、心の内に燃焼させても良いと思う。そこらへんは、人それぞれだ。


人間は、生まれつき環境や家柄で不平等かもしれないが、時間や言葉、理念は平等に持つことができる。それは、企業に関しても同じだ。


従業員が理念やビジョンを共有でき、おなじベクトルで自己実現へ向かえば、売上も連動して上がっていく予感ももてるだろう。


資本主義社会は、競争原理が導入され、シビアだ。

だが、理念の泉を枯渇させなければ、うまく乗り切れると期待している。

最新記事

外国人介護士導入の賛否両論

グローバリズム全盛の現在、京都も外国人観光客が増えた。観光客だけでなく、たとえば飲食店などサービス業の店員が、外国人であることにも、 見慣れてきた。 たどたどしい日本語で接客し、時々、こちらの話す日本語も通じない時もあるが、逆に日本人の店員より丁寧な時もある。 これは、国籍如何にかかわらず、仕事や業務においては、個人の資質も問われるということだ。 サービス業などでは、大体マニュアル化されており、業

時間との闘い

時間の使い方で、人生は決まるとよく言われる。 時間は有限であり、人は生まれながらに、与えられた時間枠のなかで、できることをしなくてはならない。 仕事もおなじで、1日8時間労働とすれば、そのなかで業務を効率よくこなすことが求められる。 ダラダラと残業していては、かえって効率も悪くなりがちだ。 ちなみに、労働基準法としては、1週間に40時間労働が適切とされているが、これは、人間の生理学的に、健康を維持

介護者のフィジカルメンテナンスその2

介護者が直面する問題として、支援の内容と同様に、自身の身体のメンテナンスが挙げられる。 腰痛をはじめとする、故障や怪我はつきものでもある。 若い頃は、身体の酷使にも耐えられるだけの体力や持久力もあり、蓄積しているダメージも少ないであろう。多少の無理はきくイメージだ。 ところが、業務を重ね、年を重ねるにつれ、体力の低下やダメージの自覚の頻度は、顕著になっていく。 意識上は取り繕っていても、自身の身体

Comentários


bottom of page