top of page
  • human-life9

生きにくい時代を牽引する

連日、列車による人身事故のニュースを目にすることが増えたように思う。突然の事故に狼狽し、駅に立ちすくす人々の姿は忘れられない。


乗車中にそのアナウンスが流れたこともあり、

1時間以上列車が止まったことがあり、周りの乗客は、またかといった感じであきらめてスマホに眼を投じていた。「生きにくい時代」という見出しの記事があちこちに踊る。


もちろん、平成や昭和の時代にもあったのは事実で、いまほど情報過多にさらされていないため、今まで表には出てなかっただけも考えられる。


犠牲者も、若い学生から高齢者まで幅広い。理由は色々あるだろうが、ある疑問が残る。


どうせこの世から消え去るなら、まわりの人々に迷惑をかけないようにしたい、という気持ちもあるだろう。列車を止めたことで、遺族への慰謝料は法外に来るらしい。なのに、なぜこんな目立つ行動にでるのか。


色々調べるうちに、或る共通点として、衝動的に消え去る行為に至るというものだ。今日、飛び込もうと前から決心していたわけではなく、なぜかふらっと飛び込んでしまう例も多いと聞く。これは、飛び込み以外の行為にもあてはまる。


もはや、当人が脳や倫理や道徳で制御できないのだと思う。だから犠牲者を一方的に責めるのも違うと感じる。


矛盾するようだが、そういった衝動的な破滅行動も、人間の一種の防衛反応なのかもしれない。肉体を消滅させてしまうことで、これ以上の自分や他者への被害を食い止めるための。


しかしながら、刹那的に消え去る命に対し、それに抗い予防線を張るのも医療介護の役割りである。


出会うまでは赤の他人同士であったが、ケアする側、される側で心の交流・魂の共鳴が生まれる。


我々人間は、赤の他人同士であっても、見えない糸で結ばれているという話しを聞いたことがある。


介護者の至高の使命感とは、今にも飛び込まんという人の糸を永続的に引っ張り上げることそのものなのかもしれない。

最新記事

外国人介護士導入の賛否両論

グローバリズム全盛の現在、京都も外国人観光客が増えた。観光客だけでなく、たとえば飲食店などサービス業の店員が、外国人であることにも、 見慣れてきた。 たどたどしい日本語で接客し、時々、こちらの話す日本語も通じない時もあるが、逆に日本人の店員より丁寧な時もある。 これは、国籍如何にかかわらず、仕事や業務においては、個人の資質も問われるということだ。 サービス業などでは、大体マニュアル化されており、業

時間との闘い

時間の使い方で、人生は決まるとよく言われる。 時間は有限であり、人は生まれながらに、与えられた時間枠のなかで、できることをしなくてはならない。 仕事もおなじで、1日8時間労働とすれば、そのなかで業務を効率よくこなすことが求められる。 ダラダラと残業していては、かえって効率も悪くなりがちだ。 ちなみに、労働基準法としては、1週間に40時間労働が適切とされているが、これは、人間の生理学的に、健康を維持

介護者のフィジカルメンテナンスその2

介護者が直面する問題として、支援の内容と同様に、自身の身体のメンテナンスが挙げられる。 腰痛をはじめとする、故障や怪我はつきものでもある。 若い頃は、身体の酷使にも耐えられるだけの体力や持久力もあり、蓄積しているダメージも少ないであろう。多少の無理はきくイメージだ。 ところが、業務を重ね、年を重ねるにつれ、体力の低下やダメージの自覚の頻度は、顕著になっていく。 意識上は取り繕っていても、自身の身体

Comments


bottom of page