top of page
  • human-life9

災害時に試されること

最近、地震の回数が多く感じる。

それにより、自然災害時に対する備えの必要が高まり、医療福祉の分野でも、災害時・災害後にどのように業務を継続していくか、が焦点となっている。


災害時は自分や家族のことで精一杯になるかもしれないが、こればかりは現場の状況に応じて賢明な判断が求められるところだ。


災害と一口に言っても、自然災害だけでなく、戦争などの人災も考えられる。


最近でも、ウクライナが戦火となり、兵士が車椅子に乗った住民を避難させている写真を目にした。


空爆で橋が破壊され、川をわたるのに、板をおいて渡らないといけなくなったようで、空虚な表情をした住民の姿が目に焼き付いている。


いつの日も、犠牲になるのはこうした一般市民の弱者だ。


戦況によっては、将来的に日本も巻き込まれるのではないか、と予想する人もいる。


自然災害の備えはあっても、人災の備えは難しい。何が起こるか分からないし、日常から訓練しているわけでもない。


ミサイル攻撃なら分かりやすいが、だれもが予期しない別の形での攻撃があるかもしれない。


人間の価値の一つとして、極限の追い詰められた状況で、勇気ある正しい行動をとれるかどうかが、その人間の価値を示す指標となるという話を聞いたことがある。


たしかに、いくらお金をもっていて、地位や権力があっても、非常時におかしな行動をとってしまえば、面目丸つぶれだ。

そういう時にこそ、真の人間性が露呈するものだ。


災害の発生するパターンは無限といってよいほどある。すべてに対して備えたところで、訓練どおりに完璧に対処するのは難しいだろう。


いつの世も、人の人生・運命というものは、栄枯盛衰、流水のように変幻自在だ。


だからこそ、いつの世も状況や世相にとらわれず、泰然自若、柳に風といった余裕を持つことも大切だ。余裕があれば、自身のことも、他者のことも、両方救えるようになれるかもしれない。


余裕をもち、不安を普段から無くすことが、最大の心の備えとなるのかもしれない。

令和の時代は、「憂いなくして備えよし」としてみてはどうだろうか。

最新記事

外国人介護士導入の賛否両論

グローバリズム全盛の現在、京都も外国人観光客が増えた。観光客だけでなく、たとえば飲食店などサービス業の店員が、外国人であることにも、 見慣れてきた。 たどたどしい日本語で接客し、時々、こちらの話す日本語も通じない時もあるが、逆に日本人の店員より丁寧な時もある。 これは、国籍如何にかかわらず、仕事や業務においては、個人の資質も問われるということだ。 サービス業などでは、大体マニュアル化されており、業

時間との闘い

時間の使い方で、人生は決まるとよく言われる。 時間は有限であり、人は生まれながらに、与えられた時間枠のなかで、できることをしなくてはならない。 仕事もおなじで、1日8時間労働とすれば、そのなかで業務を効率よくこなすことが求められる。 ダラダラと残業していては、かえって効率も悪くなりがちだ。 ちなみに、労働基準法としては、1週間に40時間労働が適切とされているが、これは、人間の生理学的に、健康を維持

介護者のフィジカルメンテナンスその2

介護者が直面する問題として、支援の内容と同様に、自身の身体のメンテナンスが挙げられる。 腰痛をはじめとする、故障や怪我はつきものでもある。 若い頃は、身体の酷使にも耐えられるだけの体力や持久力もあり、蓄積しているダメージも少ないであろう。多少の無理はきくイメージだ。 ところが、業務を重ね、年を重ねるにつれ、体力の低下やダメージの自覚の頻度は、顕著になっていく。 意識上は取り繕っていても、自身の身体

Kommentare


bottom of page