top of page
  • human-life9

学びのある日常

 ‘‘東風吹かば 匂ひ起こせよ 梅の花 

主なしとて 春な忘れそ’’


平安時代に学問の神様と言われる、菅原道真公が詠んだ歌である。無実の罪で九州に流罪となるも、故郷の京の梅の花を偲んで詠んだ歌だ。


仕事で、北野天満宮前を通るたび、学びの大切さについて想起させられる。


介護職で言えば、利用者対応などの現場から得られる実務経験ベースの学び。活字やネット情報から得られる机上の知識ベースの学び。他にも色々ある。


知識ベースで言えば、今は情報過多の時代だ。

インターネットを開けば、学びに関連する情報は、無料で手に入る。しかし、ここに落とし穴がある。


無料だからこそ、情報の真偽性・価値や質が希薄となり、その量も多種多様となる。


我々は溢れる情報の深淵の底から、自分にとって有益な部分を探し出し、選別し、取り出していく作業から始めなくてはならない。


有益で整理された情報を得ようと思ったら、有料の介護関連のテキストや、外部研修の講習会を活用するにかぎる。


良い情報や学びに金銭を投資するのは、人類の歴史上を見ても、自明の理だ。


現代は、テクノロジーが発展・飽和しすぎて、選択肢があまりに多すぎ複雑過ぎる。牧歌的な平安時代に、和歌などの文化が発展したのも頷ける。


勿論、戦争もあったが、自然や風流を愛した当時の人々は、シンプルな良き学びに満ち溢れた時代を生きられたのではないだろうか。


皮肉にも、現代のデジタルテクノロジーが複雑化しすぎたため、昔のアナログ時代の学びや知恵が再評価されているともきく。


失ってみて、初めてその大切さに気づくものがある。


もし、平安時代、京都が菅原道真公を流罪で失っていなかったら。。。

歴史にもしもはないが、ふと寂寥感にとらわれる。


令和の今年春、梅の花の香ぐわしき香りと共に、新たに文化庁が京都に移転してきた。

道真公の意思は、時代を超えて紡がれていくだろう。


先人の教え・学びに応えられるよう、今日も学びを噛み締めながら、古都の轍(わだち)を行く日々である。


最新記事

外国人介護士導入の賛否両論

グローバリズム全盛の現在、京都も外国人観光客が増えた。観光客だけでなく、たとえば飲食店などサービス業の店員が、外国人であることにも、 見慣れてきた。 たどたどしい日本語で接客し、時々、こちらの話す日本語も通じない時もあるが、逆に日本人の店員より丁寧な時もある。 これは、国籍如何にかかわらず、仕事や業務においては、個人の資質も問われるということだ。 サービス業などでは、大体マニュアル化されており、業

時間との闘い

時間の使い方で、人生は決まるとよく言われる。 時間は有限であり、人は生まれながらに、与えられた時間枠のなかで、できることをしなくてはならない。 仕事もおなじで、1日8時間労働とすれば、そのなかで業務を効率よくこなすことが求められる。 ダラダラと残業していては、かえって効率も悪くなりがちだ。 ちなみに、労働基準法としては、1週間に40時間労働が適切とされているが、これは、人間の生理学的に、健康を維持

介護者のフィジカルメンテナンスその2

介護者が直面する問題として、支援の内容と同様に、自身の身体のメンテナンスが挙げられる。 腰痛をはじめとする、故障や怪我はつきものでもある。 若い頃は、身体の酷使にも耐えられるだけの体力や持久力もあり、蓄積しているダメージも少ないであろう。多少の無理はきくイメージだ。 ところが、業務を重ね、年を重ねるにつれ、体力の低下やダメージの自覚の頻度は、顕著になっていく。 意識上は取り繕っていても、自身の身体

留言


bottom of page