top of page
  • human-life9

外部研修の妙

得てして、仕事先→自宅の往復となってしまいがちな人生である。

先日、小生は或る福祉職の外部研修会に行ってきた。他社から40名ほどの参加者で賑わっていた。講義だけでなく、グループワークもあり、端的に言って、ためになった。

現職に入職してから、まともに外部研修に参加したのは初めてだったので、妙な感じを抱きつつも、満足感のるつぼと化した。


たとえば、水泳を習いたいとする。

いきなり、水泳の教科書は読まないだろう。

まずは、水に浸かって、体験し、水圧と格闘しながら、泳ぎかたを覚えていく。


仕事も、それとおなじで、最初から、教科書を読まずに、現場で見て体験して覚えるのが普通だ。

ただ、しばらく経験を積んだら、教科書にもどるのも、悪くない。

水泳でいえば、教科書でなくても、ほかの水泳を習う同志にきくもよし、コーチに今の泳ぎ方でよいのか、速く泳ぐのはどうすべきかきくもよい。いちど、客観性のある視点や異なるアプローチを試みるのも、よい勉強だ。


そしてふたたび、仕事現場にもどってみると、モヤモヤしていた部分がはっきりしてきたり、新しい世界に踏み込んだかの如く、頭が冴える気がする。

脳細胞の活性化とは、よく言ったものだ。


外部で自発的な体験や、学習を繰り返し、常に脳をアップデートしていくサイクルをもつこと。

仕事先→自宅のマンネリに溢れたサイクルを打破するには、これがベストかもしれない。


言い得て妙だが、この真理に到達できたことが、外部研修での最大の収穫であった。

最新記事

外国人介護士導入の賛否両論

グローバリズム全盛の現在、京都も外国人観光客が増えた。観光客だけでなく、たとえば飲食店などサービス業の店員が、外国人であることにも、 見慣れてきた。 たどたどしい日本語で接客し、時々、こちらの話す日本語も通じない時もあるが、逆に日本人の店員より丁寧な時もある。 これは、国籍如何にかかわらず、仕事や業務においては、個人の資質も問われるということだ。 サービス業などでは、大体マニュアル化されており、業

時間との闘い

時間の使い方で、人生は決まるとよく言われる。 時間は有限であり、人は生まれながらに、与えられた時間枠のなかで、できることをしなくてはならない。 仕事もおなじで、1日8時間労働とすれば、そのなかで業務を効率よくこなすことが求められる。 ダラダラと残業していては、かえって効率も悪くなりがちだ。 ちなみに、労働基準法としては、1週間に40時間労働が適切とされているが、これは、人間の生理学的に、健康を維持

介護者のフィジカルメンテナンスその2

介護者が直面する問題として、支援の内容と同様に、自身の身体のメンテナンスが挙げられる。 腰痛をはじめとする、故障や怪我はつきものでもある。 若い頃は、身体の酷使にも耐えられるだけの体力や持久力もあり、蓄積しているダメージも少ないであろう。多少の無理はきくイメージだ。 ところが、業務を重ね、年を重ねるにつれ、体力の低下やダメージの自覚の頻度は、顕著になっていく。 意識上は取り繕っていても、自身の身体

Comments


bottom of page