top of page
  • human-life9

喜・哀・楽

先日、京都の老人介護施設で、男の介護職員が、カッとなって利用者を蹴飛ばし、骨折させてしまった事件記事を目にした。


こうした暴力・虐待事件が起こるたびに思う。怒りの感情のはけ口を間違うな、と。


人間には、よく言われるように喜怒哀楽の感情表現があり、他の動物が持ち合わせていない感情の機微を出すことが出来る。


ただ、この中では、怒りの感情だけ、異質感がある。これだけは、他者に向けてしまうのは、禁忌なのだ。まして、子供や老人など弱者に対して、暴力という形で示すなど、論外である。


ただ、怒りの感情は、決してマイナスのイメージではなく、使う対象・方法を間違うなということである。


たとえば、国を守るため、社会の不正に対して、大義のため。怒りの力を原動力に、立ち向かう人間こそ、粋である。


訪問介護ヘルパーの仕事で、近所のスーパーに高齢者の代行で買い物に行く。安いウインナーを買おうとして、食品表示を見たら、輸入肉(国産分は5パーセント)としか書いていない。別の国産肉のみの商品は、それの倍の値段だ。


安い輸入商品には、添加物がたくさん入っているときく。ハムやウインナーのそれは、発癌性物質でもあり、この国がかつて戦争で負けた国から、無理やり買わされているのではないか、という噂もきく。


来月は、終戦記念日だ。

令和では、いまだに怒りの矛先を弱者に向ける輩がいる。しかし、かつての先祖の英霊たちは、怒りは大義や国家を脅かす強者に向け、現在の平和の礎を築いて来た。


我々が、今、安全な環境で、喜び、哀しみ、楽しむことが自由にできるのも、かつて正しく怒りの感情を駆使し、国家を導いてきてくれた先人たちのおかげであることを、忘れてはならない。


怒りに駆逐された人間は、ただの暴漢である。

しかし、怒りを失った人間も、脆弱な張り子の虎に過ぎない。


われわれ人間は、自らが生まれもった感情と、どう上手く付き合っていけるのか。平和な環境は、もうもらった。それを維持していく責任感は果たしてあるのか?先人たちの墓参りに行った際には、いろいろと先人達を想いしんみりとし、いつのまにか「無」の境地の感情となった次第である。

最新記事

外国人介護士導入の賛否両論

グローバリズム全盛の現在、京都も外国人観光客が増えた。観光客だけでなく、たとえば飲食店などサービス業の店員が、外国人であることにも、 見慣れてきた。 たどたどしい日本語で接客し、時々、こちらの話す日本語も通じない時もあるが、逆に日本人の店員より丁寧な時もある。 これは、国籍如何にかかわらず、仕事や業務においては、個人の資質も問われるということだ。 サービス業などでは、大体マニュアル化されており、業

時間との闘い

時間の使い方で、人生は決まるとよく言われる。 時間は有限であり、人は生まれながらに、与えられた時間枠のなかで、できることをしなくてはならない。 仕事もおなじで、1日8時間労働とすれば、そのなかで業務を効率よくこなすことが求められる。 ダラダラと残業していては、かえって効率も悪くなりがちだ。 ちなみに、労働基準法としては、1週間に40時間労働が適切とされているが、これは、人間の生理学的に、健康を維持

介護者のフィジカルメンテナンスその2

介護者が直面する問題として、支援の内容と同様に、自身の身体のメンテナンスが挙げられる。 腰痛をはじめとする、故障や怪我はつきものでもある。 若い頃は、身体の酷使にも耐えられるだけの体力や持久力もあり、蓄積しているダメージも少ないであろう。多少の無理はきくイメージだ。 ところが、業務を重ね、年を重ねるにつれ、体力の低下やダメージの自覚の頻度は、顕著になっていく。 意識上は取り繕っていても、自身の身体

Comments


bottom of page