top of page
  • human-life9

何に投資する?

高齢者や障がい者の方と接すると、御本人が何に重きをおいて、投資しているかがよく分かり、勉強になる。


一口に投資といっても、有価証券や不動産、仮想通貨などの金融関係ではない。人生や生活においては

金銭だけでなく、時間や熱意を投資するべきことは山ほどある。


投資とは、受け身ではなく、自らの意志をもっておこなうものである。リターンを期待することが多いが、それがすべてではない。投資という行為を行うこと、そのものに意味があるのだ。


たとえば、人形を集めるのに投資している人がいる。端からみたら、ただの趣味的活動のように、思える。


ただ、本人からしてみたら、それはその人自身を表現するかの如く、大切な投資活動に感じ取れるのだ。


物を集めても、リターンはほとんどないかもしれない。通販で販売などのビジネスに転じるなら別だが。自室に飾るだけ、でも、そこに本質がある。


人形などの物そのものにも、愛着があると思われるが、そういった投資活動自体、それをすることが本人の喜び・楽しみとなるだろう。


これらは至極あたりまえの話ではあるのだが、その当たり前を噛み締めることが、現代の忙しさに埋没した生活には、希薄しつつあることかもしれない。


物なんて、来世には持っていけないし、家が散らかるだけ、といった批判もあるだろう。

ただ、本人からしたら、それがすべてなのだ。

趣味という領域を超えたものなのだ。


話は飛躍するが、野球やサッカーは、子供が昼休みに学校でやっていたら、遊びだ。ただ、プロの大人が競技としてやっていたら、スポーツビジネスとして成立する。


視点を変えれば、変わる概念がある。

事実と解釈は、いつも同じではない。


残された人生や、与えられた能力・時間をどう投資していくか、そこには人生のエッセンスが凝縮される。決して斜めから見ることなく、応援していきたい。


応援・支援に投資できるのも、福祉職の醍醐味かもしれない。



最新記事

外国人介護士導入の賛否両論

グローバリズム全盛の現在、京都も外国人観光客が増えた。観光客だけでなく、たとえば飲食店などサービス業の店員が、外国人であることにも、 見慣れてきた。 たどたどしい日本語で接客し、時々、こちらの話す日本語も通じない時もあるが、逆に日本人の店員より丁寧な時もある。 これは、国籍如何にかかわらず、仕事や業務においては、個人の資質も問われるということだ。 サービス業などでは、大体マニュアル化されており、業

時間との闘い

時間の使い方で、人生は決まるとよく言われる。 時間は有限であり、人は生まれながらに、与えられた時間枠のなかで、できることをしなくてはならない。 仕事もおなじで、1日8時間労働とすれば、そのなかで業務を効率よくこなすことが求められる。 ダラダラと残業していては、かえって効率も悪くなりがちだ。 ちなみに、労働基準法としては、1週間に40時間労働が適切とされているが、これは、人間の生理学的に、健康を維持

介護者のフィジカルメンテナンスその2

介護者が直面する問題として、支援の内容と同様に、自身の身体のメンテナンスが挙げられる。 腰痛をはじめとする、故障や怪我はつきものでもある。 若い頃は、身体の酷使にも耐えられるだけの体力や持久力もあり、蓄積しているダメージも少ないであろう。多少の無理はきくイメージだ。 ところが、業務を重ね、年を重ねるにつれ、体力の低下やダメージの自覚の頻度は、顕著になっていく。 意識上は取り繕っていても、自身の身体

Comments


bottom of page