top of page
  • human-life9

介護者のフィジカルメンテナンス

介護の仕事は、肉体労働だと言われる。たしかに、身体に負担のかからない動き方は、巷に溢れてはいるが、慣れないうちは、どうしても力みが加わり、力に頼りがちになってしまう。


腰を痛めるのは職業病のようなものと言われ、爆弾を抱えながら仕事をしている人も多い。ギックリ越しになってしまうと、地獄の苦しみを味わうため、常に腰痛には気をつけねばならない。


力はあるから、と変に自信過剰なのも禁物だ。対応する利用者によって、ふだん使ったことのない筋肉等にも負担がいくことがある。たとえば40キロの利用者でも、完全に脱力し、介護者に委ねた人間の身体は想像以上に重く感じる。


在宅介護となれば、狭い空間での介護もありうる。

あらゆるシチュエーションが存在するため、完全に身体を守るのは難しいかもしれない。


幸い、各介護方法のやり方も発展し、たとえばスライディングシートなど福祉用具を使った介護も浸透してきた。


介護ロボット導入の話もあるが、すべての施設や家庭に導入は難しい。人力が介入する以上は、フィジカルのメンテナンス論は、つねに念頭に置かねばならない。


「人に優しく、自分に厳しく」とよく言うが、でも介護では「自分にも優しく」と言ってよいのではないか。


格好つける必要も奇をてらう必要もない。楽をして、誰もを幸せにできないものか。


身体も心も硬かったら、誰も幸せにならない。


本質的なフィジカルメンテナンスの根源にあるのは、こうした力を抜いてよいという、優しく余裕あるメンタルの理念かもしれない。


最新記事

外国人介護士導入の賛否両論

グローバリズム全盛の現在、京都も外国人観光客が増えた。観光客だけでなく、たとえば飲食店などサービス業の店員が、外国人であることにも、 見慣れてきた。 たどたどしい日本語で接客し、時々、こちらの話す日本語も通じない時もあるが、逆に日本人の店員より丁寧な時もある。 これは、国籍如何にかかわらず、仕事や業務においては、個人の資質も問われるということだ。 サービス業などでは、大体マニュアル化されており、業

時間との闘い

時間の使い方で、人生は決まるとよく言われる。 時間は有限であり、人は生まれながらに、与えられた時間枠のなかで、できることをしなくてはならない。 仕事もおなじで、1日8時間労働とすれば、そのなかで業務を効率よくこなすことが求められる。 ダラダラと残業していては、かえって効率も悪くなりがちだ。 ちなみに、労働基準法としては、1週間に40時間労働が適切とされているが、これは、人間の生理学的に、健康を維持

介護者のフィジカルメンテナンスその2

介護者が直面する問題として、支援の内容と同様に、自身の身体のメンテナンスが挙げられる。 腰痛をはじめとする、故障や怪我はつきものでもある。 若い頃は、身体の酷使にも耐えられるだけの体力や持久力もあり、蓄積しているダメージも少ないであろう。多少の無理はきくイメージだ。 ところが、業務を重ね、年を重ねるにつれ、体力の低下やダメージの自覚の頻度は、顕著になっていく。 意識上は取り繕っていても、自身の身体

Comments


bottom of page