top of page
  • human-life9

人財の本質

介護職は、人材難だと言われて久しい。

かなり前から、いわゆる3K(キツイ・キタナイ・キケン)に加え、「給料やすい」が加わり、

4Kとも言われるようになっていると聞く。


職業に貴賎なしとはいうが、将来のキャリアパス・キャリアラダーを鑑みて、介護職は先行きが見えず敬遠されがちとも聞く。しかも、一旦入職しても、長く定着できず、離職率も高いらしい。


ただ、これら言われていることは、新聞やネット、テレビなどメディアが流布した情報なのである。

あからさまな数値やグラフなど、統計を提示して、もっともらしく、現状の人材不足を喧伝する。


数値や統計は、魔力である。説得力が妙にあるため、それがすべてだと信じやすい。

物事の本質は、もっと深い部分に顕在している。


人材の力、文字通りのマンパワーは、どこから来るのか。

かねてから、人間の歩んできた歴史が示すように、

人間の持つ、直感的・感情的な原動力にほかならないと考える。


普通に、高齢者や障がい者のケアをしたい、という純然とした志が大切で、まずそれがあれば充分だ。


とりあえず、やってみること。

やったら、つづけてみること。


できないから、やらないではいけない。

将来にメリットがなさそうだからやらないのも、

いけない。


技術や経験は、あとからついてくる。

将来がどうなるかは、誰もわからない。

未来永劫、安定が保障されている職業・業界もない。


人材が、人財となりうるターニングポイントとしては、まず自分で自分の感情に、素直になってみよう。


論理や統計・数値で構築された現代のシステムを、あえて自分だけの感情・視点でみてみよう。


本質を見抜く目を養えば、将来への不安という荒波にも負けない。自分の人生は一回しかなく、自分だけが、人生という大海を冒険する権利を持っているのだ。


福祉職は、究極の対人職とも言える。無事、荒波を乗り気った先には、新しい喜びと、誰からも求められる人財に変貌できているかもしれない。




最新記事

外国人介護士導入の賛否両論

グローバリズム全盛の現在、京都も外国人観光客が増えた。観光客だけでなく、たとえば飲食店などサービス業の店員が、外国人であることにも、 見慣れてきた。 たどたどしい日本語で接客し、時々、こちらの話す日本語も通じない時もあるが、逆に日本人の店員より丁寧な時もある。 これは、国籍如何にかかわらず、仕事や業務においては、個人の資質も問われるということだ。 サービス業などでは、大体マニュアル化されており、業

時間との闘い

時間の使い方で、人生は決まるとよく言われる。 時間は有限であり、人は生まれながらに、与えられた時間枠のなかで、できることをしなくてはならない。 仕事もおなじで、1日8時間労働とすれば、そのなかで業務を効率よくこなすことが求められる。 ダラダラと残業していては、かえって効率も悪くなりがちだ。 ちなみに、労働基準法としては、1週間に40時間労働が適切とされているが、これは、人間の生理学的に、健康を維持

介護者のフィジカルメンテナンスその2

介護者が直面する問題として、支援の内容と同様に、自身の身体のメンテナンスが挙げられる。 腰痛をはじめとする、故障や怪我はつきものでもある。 若い頃は、身体の酷使にも耐えられるだけの体力や持久力もあり、蓄積しているダメージも少ないであろう。多少の無理はきくイメージだ。 ところが、業務を重ね、年を重ねるにつれ、体力の低下やダメージの自覚の頻度は、顕著になっていく。 意識上は取り繕っていても、自身の身体

Comments


bottom of page